コミュニケーショントレーナー

人間関係について伝えたいこと

「みんなに好かれたい」
「みんなと仲良くならなくちゃ」

ずっとそう思って、これを大切に頑張ってきましたが、ある時なぜか喉が苦しいことに気付きました。それを機に、無理して人に合わせることばかりを考えていた自分の在り方を、やっと見つめることができました。

「みんなによく思われたい」

ってつい思ってしまう。でもそれが叶わない時に、悲しくなったり、怒りがわいたり、誰かを責めたり…なんてことありませんか?

コミュニケーションって、全員と仲良くすることではないんですよね

まず一番大切なのは自分とのコミュニケーション。

「自分の気持ちや感情を知ること」

それがネガティブであっても蓋をするのではなく

「ある」

と認めちゃうこと。これを知って、私はずいぶん図々しく楽になりました。自分の軸ができると、何が起こっても

「仕方ない」

と割り切れるようになる気がします。

マズローの五段階欲求の原理でいうと、人はひとりでは寂しくなってしまうらしい。誰かと関わることで、自分1人だけでは生み出せない、喜びや感動、悲しみなど様々な感情を感じることができる。

たくさんの経験をするために生まれてきたのだとすれば、プラスの感情もマイナスの感情も同じ様に味わえば良いんです。頭ではわかるけど~すぐに切り替えられないかも…?

それでもいいんです。でももし、コミュニケーションで気を付けなければいけない事があるとしたら、誤解を招かないようにすることでしょうか。

よくキャッチボールに例えられますが、届けたいものをきちんと届けることができるように。相手が届けたいものをそのままきちんと受け取ることが出来るように。お互いの信頼関係の中でコレができればコミュニケーションに悩むことは無くなるでしょう。

 

講演・セミナー・ステージの依頼はお問い合わせページよりお願いします。

 

~コミュニケーショントレーナーとしての実績~

厚生労働省 緊急人材育成支援事業 基金訓練 授業担当
厚生労働省 求職者支援訓練 授業担当
山梨県立峡南高等技術専門校 委託訓練 授業担当
山梨労働局委託事業 若年者地域連携事業 就活塾 授業講師
一般企業、病院、組合、協会、市町村などにおける研修講師

など